組織診断・OJT診断

HOME > 企業の皆様へ > 組織診断・OJT診断

組織診断・OJT診断 

 

★メールで申し込む・・・ Excel に入力をし、info@todaimori.jp まで添付送信して下さい。

★FAXで申し込む ・・・ PDF をプリントアウトし、026-217-4858 まで送信して下さい。

 

職場改善診断OJT診断

 

【商品コンセプト】

 

現場の学び(ワークプレイス・ラーニング)診断システム「WPL」は、これまでは見えにくかった

「現場の学び(ワークプレイス・ラーニング)」に焦点をあてた、いままでにない革新的なWEB診断システムです。

現場における人材の成長と学びの環境を「見える化」し、現状と課題を明確化します。

 

またこれらを適切にマネジメントすることにより、現場の学び力を向上させ、人材の成長を促進することを狙いとしています。

現場の学び(ワークプレイス・ラーニング)診断システム「WPL」は、東京大学大学総合教育研究センター准教授 中原 淳氏、

神戸大学大学院経営学研究科教授 松尾 睦氏とダイヤモンド社による共同研究を基に開発されました。

  

【特徴】

 

1.WPLは「現場の学びと成長」にスポットを当てた日本初の組織診断システム
従来の組織診断では、「現場の学び」(ワークプレイス・ラーニング)を的確に把握することができませんでしたが、

「WPL」では、「個人」「職場」それぞれに対する診断を行うことができ、その因果関係を見ることができます。

2.WPLは診断結果を振り返る「リフレクティブシート」付き
診断結果を、個人(若手・中堅社員)だけでなく職場(職場の管理職)や組織全体(人材育成担当者)にもフィードバック。

診断結果をもとに振り返りを促す「リフレクティブシート」もご用意しています。

3.WPLは利便性の高いWEB診断
質問紙の配布、回収などの手間が一切かからないWEB診断で実施や診断結果の確認もスピーディーに行えます。

4.WPLは最先端の学術知見に基づき開発
経験学習、組織学習、熟達化研究の分野において、最先端の研究を行う中原 淳・東京大学 大学総合教育研究センター准教授と

松尾 睦・神戸大学 経営学研究科教授による、若手社員の成長を促す「個人の特性」と「組織の特性」についての調査・分析を基に開発されました。

5.WPLは実際の企業人に調査してデータを標準化
診断プログラムの作成にあたり、実際の企業人に調査してデータを標準化しています。

 

【活用のメリット】

 

1. 成長力の高い人材の開発
2. 適切な人材育成施策の立案
3. 若手社員を育成力のある職場に配属することによる早期離職防止
4. 活力ある職場・組織の開発

 

診断項目:
現場の学び力=職場の人材育成力「職場育成力」+個人が成長する力「個人成長力」

  診断項目
「個人成長力」 成長経験 効率自律・職務拡大・達成成果・後輩指導・上司とのコミュニケーション・周囲からの信頼・打たれ強さ
成長する力 経験から学ぶ力(予見計画力、挑戦志向、素直さ)・キャリアデザイン(キャリア明確性、キャリア主体性)
「職場育成力」 育成成果 パフォーマンス・知識創造
育成風土 PDCA(PCA計画・評価・改善、D実行)・コミュニケーション(オープンコミュニケーション、批判的検討)・上司力(手本・アドバイス、権限委譲、公平さ、成功・失敗経験の語り)・人とのつながり(職場互酬性、職場の人間関係、職場の対話力、職場への信頼)
 



PAGETOP